前へ
次へ

海外用レンタル携帯のメリットやデメリット

海外に旅行に行くなどの場合に、自分の携帯を持っていく場合に現地同士での通話をすると国際ローミングとなり現地から一度日本を経由して現地というつながりになるため通信料などが割高になってしまいます。
そのため、レンタル携帯を利用することにより、通話料金などを安く済ますというほうがいいでしょう。
また、海外旅行において、盗難などのリスクもあります。
自分の携帯には個人情報などいろいろと含まれているため盗難に遭ってしまうとそれなりに被害を受けることもあります。
ですが、レンタル携帯を利用しておけば、仮に盗難の被害を受けたとしても被害が限定的となり、自分の携帯から得られる情報よりもレンタル携帯ならば情報が少なくリスク的にみてもかなり抑えることができる点がメリットといえます。
デメリットとしては、海外から日本やその他の国に対しての通話料が高くなってしまう点です。
現地同士ならば安く済ますことはできても、日本やその他の国に対して通話をすることが多いという場合には、レンタル携帯を利用するのは控える方がいいでしょう。
また、データ通信に対応していないレンタル携帯が多いという点もデメリットの一つです。
データ通信を利用したいという場合には、海外用WiFiなどのレンタルを利用するなど対策をすることも必要です。
もう一つのデメリットは、通話などレンタル携帯を使用しない場合でもレンタル料が発生するという点です。
海外に行くため、携帯を利用する可能性は高いですが、人によっては特に利用する必要がないというケースも存在します。
そのような場合に、一回も使用していない状態であってもレンタル料は発生するという点は覚えておくといいでしょう。
レンタル携帯を利用するという場合には、このようにメリットやデメリットがありますのできちんと把握して利用するかどうか判断していくことが大切です。
レンタル携帯は、現地での通話が多い方やデータ通信をあまりしない、通話がメインという方は利用してみるといいでしょう。

Page Top